自費出版のご案内 小説 自分史 絵本 句集 歌集 詩集 エッセイ集 文集 記念誌等 自費出版・冊子の印刷・製本を小部数より低価格でお作りします

自費出版のご案内 K.C.Print
≫サイトマップ
HOME入稿方法価格表お見積りお問い合せよくあるご質問
制作の流れ自費出版本・冊子の制作見本自費出版・本作りのご案内紙見本お支払方法 K.C.Print



img 絵本・画集・写真集img 

印刷はフルカラー、表紙はハードカバーの本です。
見開きページは全開で開くことができます。
絵本や画集や童話集、子供の描いた絵で作る絵本、写真集(ペット・犬・猫)、挿絵入りの詩集・幼稚園、保育園や学校の卒園アルバム・卒業記念アルバム、水彩画集・イラストや絵の作品集・絵手紙本・紙芝居の絵本など。
カラー印刷本img

印刷はフルカラー、ペーパーバックタイプの本です。
カバー・帯もオプションで付けることができます。
自分史や旅行記など写真をカラーで制作したい方。
自分史(自叙伝・自伝)・旅行記・写真集・画集・版画集・水墨画集・俳画集・記念誌・ZINE・キャラ弁本・
美術本・ムック本など。
K.C.Printではご要望ご希望に合わせた丁寧な自費出版・本作りをしております

自費出版ははじめて、どうしたら良いのかわからない方
●予算が少ないので、できるだけ安く冊子を作りたい方
●自分の本を作りたい私家版で自費出版したいとお考えの方
●カラー印刷ハードカバーで絵本・画集・写真集を作りたい方
●パソコンで作った原稿で安く自費出版したい方
●見栄えも大切、こだわりのある本格的な本にしたい方
●少部数なんだけど、遠いので打ち合せは?と不安な方
●パソコンは苦手なので手書き原稿から自費出版したい方
●本を作る制作費用がどのくらいかかるか知りたい方
●書き溜めた原稿を本にしたいとお考えの方

自費出版・冊子の印刷から製本 少部数より承ります
手書き原稿img

パソコンが苦手なので原稿は手書き原稿になる方。
手書きの原稿をそのまま使って文集を作りたい方。
お子様の絵・文字をそのまま生かして本にしたい方。
手書きのまま印刷して本にしたい方。

手書き原稿を文字入力から編集・レイアウト制作いたします。表紙・カバーデザイン・装丁をご相談しながら作成いたします。

自分史(自叙伝・自伝・伝記)・詩集・句集・歌集・小説・文集・冊子・小冊子・民話・体験記・随筆・家族史・童話・昔話・合同句集・合同歌集・川柳・合同誌・回想録・紀行文・技術書・翻訳書・記念誌・卒業(卒園)文集など。




自費出版・冊子の価格表      ご予算に合せたエコノミータイプもあります。ご相談下さい。
データでのご入稿または版下でのご入稿の場合の価格表
出来るだけ安く作りたい 安く作りたいけれど見栄えも大切 ハードカバーの本格的な本にしたい
矢印img 矢印img 矢印img
予算がないので安く作りたいが
表紙は高級紙を使いたい方
本の装丁・表紙・カバーデザインも
大切に自費出版したい方
硬く厚い表紙の高級感のある
本格的な本を作りたい方
小説・自分史(自叙伝・自伝・伝記)・短歌集
・句集・エッセイ集・詩集・文芸同人誌・紀要・
報告書・文集・ブログ本・随筆集・部誌・川柳・
参考書・遺稿集・育児書・郷土史・論文集・
サークル誌・追悼文集・実用書・児童書・
冊子・小冊子・教本・戦争体験記・昔話・
病気体験談・家族史・童話集・同人誌・教材・
育児日記・民話集・歴史書・議案書・名簿・
合同句集・合同歌集・伝説・神話・記念文集・
合同誌・家系本・回想録・遺作集・紀行文・
楽譜集・技術書・翻訳本・ZINE・卒業論文・
教科書・問題集・マニュアル本・趣味の本・
学校、大学の本・販促本・簡易自費出版など。
小説・自分史(自叙伝・自伝・伝記)・短歌集
・俳句集・論文集・エッセイ集・詩集・文藝誌・
紀要・研究書・闘病記・報告書・文集・教材・
ブログ本・随筆集・参考書・旅行記・遺稿集・
育児書・社史・郷土史・部誌・サークル誌・
追悼文集・実用書・児童書・冊子・小冊子・
教本・戦争体験記・昔話・病気体験談・
家族史・童話集・同人誌・学術書・育児日記
・民話集・歴史書・議案書・名簿・合同句集・
合同歌集・川柳・伝説・神話・合同誌・家系本・
回想録・父・母の作品集・遺作集・紀行文・
楽譜集・技術書・翻訳本・記念文集・ZINE・
教科書・マニュアル本・専門書など。
自分史(自叙伝・自伝・伝記)・社史・郷土史・
・小説・詩集・歌集・句集・旅行記・短歌集・
実用書・闘病記・学術書・論文集・体験記・
合同句集・合同歌集・川柳・回想録・昔話
旅行記・伝説・歴史書・神話・児童書・翻訳書
民話集・研究書・技術書・遺作集・紀行文
・エッセイ集・随筆集・家族史・記念誌・遺稿集
・卒業論文・児童書・学校、大学の本など。
A4サイズ 210o×297o A5サイズ 148o×210o A5サイズ 148o×2210o
B5サイズ 182o×257o B6サイズ 128o×182o B6サイズ 128o×182o
A5サイズ 148o×210o ※文庫本の場合はB6サイズをご覧ください
※A5・B6以外のサイズもお作りできます
※A5・B6以外のサイズもお作りできます
B6サイズ 128o×182o
※文庫本の場合はB6サイズをご覧ください
※変形サイズもお作りできます



タイプ別の価格表をご覧いただけます
自費出版・冊子・小冊子の制作、出版費用の目安になるよう、色々なタイプのお値段が分かるように価格表を掲載しております。製本方法(並製本・上製本・中綴じ)の違い、カバーを付ける付けないなど、自費出版・冊子には色々なタイプがあります。用紙の選択、本のサイズによってもお値段は変わってきます。
基本仕様(お値段に含まれているもの)の内容をご覧いただき、自費出版したい本や冊子に近い条件の価格表をご利用下さい。
ページ数を変えたり、部数を変えたり、カバーあり、なし、など色々お試しいただき、自費出版、本、冊子を制作するためのご予算を組むのにお使いいただければ幸いです。どのくらいの値段で作れるのか、どのくらい費用がかかるのかという予備知識を持ってお見積りのご依頼ができます。本にしたい、冊子を作りたい、自費出版したいとお考えの皆様にお値段がわかるように作った価格表ですが、わかりにくい場合はお気軽にお問い合せ下さい。



パソコンで作った原稿、手書き原稿から自費出版できます
ワード、一太郎などで作成した原稿(デジタル原稿)があれば、自作の小説や自分史(自叙伝・自伝、伝記)、句集 歌集 詩集 エッセイ集等の文章中心の本は、お安く自費出版することができます。
完全なレイアウトが出来ていなくても結構です。文字入力されていればテキストデータでのご入稿となります。
ブログはそのままテキストデータですので、書籍化しやすくブログは出版しやすいと思います。

ワードで原稿作成したい方はWordで原稿作成をご覧ください。

パソコンが苦手な方は、原稿用紙などの手書き原稿をご用意下さい。
文字入力・レイアウトから編集・印刷・製本、表紙・カバー作成までトータルでご相談しながら本を作らせていただきます。
もし、文字入力してあるテキストデータがあれば、手書き原稿から作るよりお安く出版できます。レイアウトまではできていなくても結構です。文字入力料が必要ない分、出版費用を抑えることができます。


本のサイズは文庫本、新書判、B6判、四六判、A5判、B5判、A4判があります。その他の変形サイズの本も可能です。
手書き原稿の場合はそれぞれのサイズで入る文字数が違ってきます。
どの位のページ数になるかを算出するには本のサイズをどうするかを最初に決めておくと良いです。

本のサイズや名称、専門用語、表紙・カバ−の作り方、用紙の選び方などを自費出版・本作りのご案内でご案内しております。
表紙・カバーのデザインのサンプルとして自費出版本・冊子の制作見本に掲載しております。


原稿の校正、ご確認は何度でもできます
原稿の校正、ご確認はとても大切です。ご入稿後に修正箇所を発見することも良くあります。本になってから後悔のないように、納得いくまで、納期の許す限り、何度でも行なっていただいて結構です。


遠方の方でも問題なく本を作ることができます
本を自費出版したいと思っているが、遠方のため会って打ち合せができないが大丈夫だろうか?と不安に思われると思います。
本文の校正、表紙・カバーのデザイン、本の装丁に使う紙を選ぶ作業等、一段一段階段を上るように確認をしていただきながら本を作り上げていきます。
ご連絡方法、ご確認はメール、お電話、郵送、宅配便を使用します。

原稿の修正、確認はPDFに変換してお送りして、メールで修正箇所をご連絡いただく方法と、プリント原稿にして郵送または宅配便でお送りして、そのプリント原稿に赤ペンを入れてご返送いただく方法で行います。やり易い方法をご相談させていただきます。

表紙・カバーも同様です。表紙・カバーの印刷の色の感じを見たい場合は簡易色校を作りお送りします。

ご自宅で用紙の選択ができるように紙見本帳をお送りします。その中から選ぶことができます。
紙見本帳の中にご希望の紙が見つからない場合は、ご希望を伺い用紙のサンプルを見本帳とは別にお送りします。
市販されている出版物を参考にするのも良い方法です。取り寄せ可能な用紙でしたら、市販されている出版物と同じ用紙を使うこともできます。



印刷と製本
印刷は通常はオフセット印刷です。極少部数の場合はオンデマンド印刷を使用します。

製本は並製本(・ソフトカバー)〜上製本(ハードカバー)、中綴じ製本(針金綴じ)まで対応しております。
並製本=くるみ製本、無線綴じ製本です。



部数
部数(冊数)は1冊から可能ですが5冊以上をおすすめしてしております。


自費出版本の販売
KCプリントでは書店流通、ISBNの取得代行、販売のサービスは行っておりません。
個人的な本の制作、私家版として友人、知人への贈呈やご家族へ大切な想いを残す自費出版をおすすめしております。
大切な想い、記憶、経験、体験、記録の足跡を形にして残す自費出版・本作りのお手伝いをさせていただいております。

販売を視野に入れて自費制作で本を出版されるお客様もいらっしゃいます。
KCプリントをご利用いただく方は、自分で販売したいという方が多いです。
本を作る費用が安くすむということでご利用いただいております。
出版費用が高くなれば、赤字幅が大きくなります。
自分で販売する方はアマゾンを利用しつつ、ブログやホームページからも宣伝をして販売する方法が多いようです。
また、ご自身で講演会を開催することが多い方は会場で直販しています。
同人誌即売会に持ち込む方もいます。

自費出版の場合、書店流通は大変不利です。
リスクも大きいのでおすすめしておりません。


K.C.Print 東京都練馬区大泉町3-5-18-102 TEL:03−5387−3431
Copyright(C)2008-2016 K.C.Print All Rights Reserved

HOME 入稿方法 自費出版の費用 各種価格表 お見積り お問い合せ よくあるご質問 ISBNの取得方法

制作の流れ 自費出版本・冊子の制作見本  自費出版・本作りのご案内 紙見本 Wordで原稿作成 お支払方法 K.C.Print 特定商取引に基づく表記